脚の多汗症

脚の多汗症

足の裏に症状が出る限局性多汗症は、「足裏多汗症」と呼ばれます。
足裏多汗症は、メンタル的な影響を受けやすい部位のため、
不安や緊張などの精神的ストレスによって症状が引き起こったり、症状が強くなることが多くあります。

 

足裏は、靴下や靴を履きますから、頭皮や顔面、手のひらなどの部位に比べると多汗症を隠しやすいです。
ですが、多汗症をコンプレックスに思い、いつも隠すという行為は、様々なトラブルを引き起こします。

 

隠すということで起きるトラブルとしては、
例えば、靴下や靴を常に履き、足を密閉しているような状態を維持していれば足裏の衛生状態が悪くなり、
清潔を保つことができません。
汗腺が多いので湿度が高くなり、発汗量が多ければ当然臭います。
水虫や細菌感染を引き起こすリスクも高くなります。

 

いつも靴下がぐっしょり濡れている状態ですから、
日常生活の中で靴を脱ぐシーンでは、やはり相当な不便を感じると思います。

 

通気性の良い履物を選択したり、靴下を頻繁に履きかえるなど自分でできる対処法もありますが、
現れる症状に敏感になっていると、足裏多汗症と言うこと自体がストレスとなり、
症状を抑えることは難しくなります。

 

ですから、足裏多汗症の症状がある人は、まず医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

医療機関では、交感神経切除術と言う手術を受けることが検討できますし、
ボトックスを注射して発汗を抑えたり、
塩化アルミニウム液を塗布したり、抗不安薬を投与するなど
様々な有効的な治療を受けることができます。